Strange Utopia

素晴らしい記憶と思いは、放っておくと日々の生活によって忘却の彼方へ消えてしまう。何か形に残しておかないと、本当に消えてしまう。つまりこれは日記です。

Strange Utopia (abandon)

昔よく通い詰めた場所がある。1年と少し前から、そこには行っていない。そこには陽気な音楽があって、うまい酒があって、心を裸して付き合える仲間達がいた。アルコールとニコチンと汗の臭い、行き場の無い鬱屈と退屈に火を点けた時に燻ぶる、享楽的な火薬の臭い。そういうものが龍のように唸りを上げて、地面からどこか遠くへ噴き出して行く時、僕らはそれぞれにカタルシスを感じる。そこは、暗くて煙たい奇妙なユートピアのような場所だった。あの頃は帰る家が無かった。そこが依る縋だった。でも、今の自分には帰る家がある。だからそこには行かなくなった。

僕は久しぶりにそこへ行った。そこに集まるストレンジャー達を見るや、懐かしい感覚が蘇った。あの日、脳の奥深くの引き出しに仕舞い込んだ、穴の無い傷が言った。やぁ、ヘヴン!ご無沙汰!今日ぐらいは飛べるように、くだらない脳を捨てよう。

聴き慣れた音楽に、心が躍った。身体はふわりと浮きあがるように軽くなった。どこかに飛んで行けるような気がした。傷を封じ込めていた重い蓋はフッと無くなった。久しぶりの解き放たれた幽鬼のような暗いエネルギーがふわりと浮かび上がった。それは知らぬ間に、昔とは違う種類の仄暗い翳を纏っていた。大きな火傷の跡がケロイド状になって皮膚に残るように、帰る家があっても、穴が塞がっていても、傷は傷だった。過去の痛みに火を点けて、喜びには羽根を付けて、遠くに投げ飛ばした。浮き上がりそうな身体で歌って踊った。そのうち、頭の中で何かがプツンと切れて無くなる音がした。意識はどこかに飛んで行って、身体だけが勝手に反応する。程良く過去の想いに浸りながら、どこに依るでもなく、白昼夢か根無し草のように、ゆらゆらと浮かぶような気分で、歌って踊って騒いでる。この時間が、明日のしがらみも昨日の痛みも何も無い、今この時間が、永遠に続けばいいと思った。

言葉では言い尽くせない爽やかな余韻が、心と身体を満たす。それを夜の涼しい風が心地良く撫でつけた。ステージは終わりを素通りして、演者はいつまでも踊り続ける。そういう夢を見ている。いつまでも、いつまでも、その時間が続くようにと、ぼんやりと夢見ている。しがらみの明日は来なくていいと薄く願いながら、夢を見る。火照った身体を冷たく撫でる、夜風のような余韻。

あのリフレインはずっと溢れてるけれど、もう熱はない。冷えた空気の中でクリアになった感覚が、昨日の余韻の輪郭をどこまでも鮮明に浮き上がらせる。帰る家があって、待っている人がいる。天国はきっとそっちだ。いや、帰る家、待っている人がいる空間、ストレンジャーが集う場所、全部地続きの同じ世界で、その全てが天国だと思う。穴の無い傷は、姿を変えて、いつか消えるだろうか。いつか消えて、また新しい傷が浮かび上がるのだろうか。

BELLRING少女ハート ワンマンライブ"B" @TDCホール 30 April

すんげーライブでしたよ。

お客さんは1000人いたかどうかで、フロアすっかすか。快適極まりないけど、さすがにちょっと心配になる。

TDCホールはとにかく音響が良かった。そしてそんな音響で聴くベルハーの曲はやっぱり物凄く良い。本当に音がよく作り込まれてる。

そして照明が良かった。全体的にわりと暗めで、レーザーとか効果的に映えてる。特にダウナーな曲で映えてた。タナトスとマスカレードではアホみたいに炎がぶしゃぶしゃ出てて笑ったけど、それもまた不思議とかっこ良かった。

セットリストもよく考えられてて、アッパーな曲ぶち上げたり、ダウナーな曲で魅せたり、緩急ついてて、2~3曲ぐらいの単位でうまくつながってる。クロノスの鎌~男の子、女の子の流れは鳥肌もんだったし、get rid of Chopper~Manic Panicをつなげたのも上手いし、The Victim~Karmaのダンスチューンの流れもかっこよかったし、ホーネット'98~チャッピー、cherry~Crimson Horizon~Starlightのセンチメンタルな流れも最高だったし、ROOM24-7~無罪:Honeymoon~low tide~鉄の街のダウナーな流れは圧巻。

最後はサーカス&恋愛相談~the Edge of Goodbye~asthmaでぶち上げで終わる。このasthma、本当に最高だった。会場広すぎ&人少なすぎ&フロアの柵が邪魔で、サークルがわけわかんないことになってて、なんかわけわかんないけどグシャーっとなって、そこに生まれたのは、得体の知れない、向井秀徳の言葉を借りれば、どっかから飛び出た登り龍。か何か。

フジロッ久(仮)の鮎子さんも凄く良いライブを表現するのに龍って言葉を使ってましたが、なんちゅうか、ああいうところに生まれるエネルギーのうねりみたいなものがあって、それが天井から降りてきたり地面から地鳴りと共に湧き上がってくる時があって、あの凄い感じ、何とも表現し難いんだけど、強いて言うなら龍っていう表現が嵌るのかなあ。

終わってみればあっという間の3時間弱。後でセットリスト見たら全部で38曲もやってて、気が狂ってるとしか思えない。その間、MCらしいMCはアンコールにあっただけ。さすがに途中休憩してるところもあったけど、その間照明全部落ちてるし誰も何も喋んないし、普通アイドルだったらやるだろう曲間の喋りとか、そういうものを全部排除して、とにかく曲を聴かせる・魅せることに全てが注がれてた。

お客さんの数が少なくても、それでもあの大きいステージで何をやりたかったか、凄く伝わってきた。照明、ステージセット、映像、炎、その他特効、そういう魅せる演出の数々は、いつものライブハウスでは出来ない。ベルハーは、それをやるに耐えるだけの、というか、そういう演出によってさらに映えるような、素晴らしい音楽とパフォーマンスを持ってる。(ただし、やってることが奇妙すぎて集客がついてこない。)

甘楽さんのtwitterよりセットリスト

フジロッ久(仮) 超ライブツアー@十三ファンダンゴ 16 April 2016

元々北陸方面逃避行の旅は、4/17に浜松のGRAPEVINEのライブを見に行こう、ってとこから始まってて、4/14に金沢でZAZENとOGREなんて素敵過ぎる対バンを見つけたので、それで石川へ飛んで、適当にぶらぶらしながら浜松に辿り着く旅程を立てたわけなんですが、まあその間の2日間に楽しそうなライブが旅の経路のどっかでやってないかしらん、っつって調べて見つけたのが、このファンダンゴのライブだったわけです。

フジロッ久(仮)、NATURE DANGER GANG、クリトリック・リス、せのしすたぁ、バイセーシ。見たことあるのフジロッ久(仮)とNATURE DANGER GANGだけだけど、もうヤバい匂いしかしない。

バイセーシ

趣味の悪い落ち武者みたいな格好で出てきてパンクを演奏してました。意味不明で最高。

せのしすたぁ

ライブがヤバいと評判のアイドルですが、客の上に乗って歌ったりとかしてて確かにヤバかった。歌も「アイドルとかいつまでも続けらんねーしどーしよ」みたいな結構キツい感じだったのが印象に残ってて、アイドル感薄かった。

NATURE DANGER GANG

例によって頭おかしい。よく考えてみるとさ、これバンドでもないし、何なら音楽ですらないんじゃないかって気がするんだけど、とりあえずビートに合わせて暴れ回ってりゃいいのが最高だし、ステージに何人いるかわかんなけどみんな脱いで踊って叫んでフロアに飛び込んでくるし、なんかおっぱい丸出しだったりとかして、そしてその時点で俺もうハイネケン飲み過ぎて酔っぱらってて何でもよくなっててあんまよく覚えてないんだけど、とりあえず俺達はひょうきんでふざけてた。

クリトリック・リス

名前ばかりいろんなところで出ていてずっと気になっていたクリトリック・リスをついに見れる日が。アントニオ猪木みたいなパンツ一丁のハゲっつうかスキンヘッドのオヤジが登場。仕事が出来て超頼れるんだけど酔っ払うと人間のクズになる柳瀬次長の歌とか、夜行バスは収容所だみたいな歌とか、バンドマンに貢ぐ女の歌とか、なんかどれもクソ面白いのに異常にリアルで、なんつーか迫力がすげえ。果たしてこれも音楽と呼べんのかどうかわからんけど、とにかく凄い。個人的に、柳瀬次長が俺の上司にものすごくそっくりで、笑えるんだけど笑えない。

フジロッ久(仮)

この頃には既に飲み過ぎて出来上がっていたワタクシですが、1曲目が「はたらくおっさん」だったので何かいろいろと吹っ飛んだ。シュプレヒコールは名曲だったし、新譜の曲、あそぼうとかワナワナ!とかおかしなふたりとかも最高だったし、変な笑顔で昇天してたらあっという間に終わっちゃいましたけど、とにかく最高だったのは確かだよ。

逃避行2016春・行動ログその4

17 April

新年度早々の逃避行も最終日。毎日酒飲んでたけどこの日の朝は若干二日酔い。十三の朝はだいぶヤバい。

行動ログっつってもこの日はただひたすら移動してただけ。関西本線経由で浜松までドコドコ移動して、浜松でGRAPEVINEのライブを見て、新幹線で帰京。車内で弁当食いながらビール3本ぐらい飲む(居酒屋新幹線)。

逃避行2016春・行動ログその3

16 April

ホテルの朝食バイキングがうまくて朝から食い過ぎ。ご飯おかわりとかしてしまった。

この日は快晴。午前中はまたまたレンタサイクル。福井市のレンタサイクルは車輪が小さいけど電動アシスト付き。これで一乗谷&一乗滝を目指す。片道約15km。

足羽川に沿って10kmちょい上っていくと一乗谷に着く。しっかしまあ日頃運動しないせいでキツい。川沿いでアップダウンとかも無いんだけど、だんだん漕げなくなってスピードが落ちてくのな。でも天気良いしめちゃくちゃ気持ち良い。また自転車はじめようかな。

一乗谷の遺跡は本当に何も無い。本当に遺跡。かつてはとても栄えた町だったそうですが、一画の復元町並以外は全部、当時の痕跡があるだけで、本当に遺跡。兵どもが夢の跡、っていうのはこういうのを言うんだな。こういう何にも無いところ、本当に好き。庭園の跡とかもあるんだけど、本当に痕跡だけが残ってて妙にリアル。


一通り歩いたらまた自転車に乗って一乗滝へ。結構な登り坂がずっと続くんだけど、電動アシスト全開でスイスイ登らせていただきました。電動アシスト最高。滝はそんなにでかくもないけど、水飛沫浴びれるぐらいには近づける。というか滝に打たれるとかも出来そう。

ここも誰もいなくて、しばらくマイナスイオン浴びて退散。戻りは超下り坂なので自転車全く漕がなくても結構スピード出て死ぬほど気持ち良い。やっぱまた自転車はじめようかな。足羽川まで下りてからは市内まで平坦な道が続くわけですが、やっぱりしんどい。というか脚が動かない。気合いと電動アシストの力で頑張った。

ランチはヨーロッパ軒のソースかつ丼

これはウルトラB級グルメ。B級っつうかB'級ぐらいジャンクな味。しかし自転車漕ぎ疲れて腹が減ってたので超うまい。ランチの後はそのまま福井駅へ。適当にお土産見繕ったりして、3時前のサンダーバードに乗って大阪。十三で東横インにチェックインしてだらだらしつつ、軽く燃料(BEER)を投入してからファンダンゴで激ヤバなライブ。ハイネケン飲み過ぎて途中からあんまり覚えてない。終わった後はどっかクソ安そうな居酒屋にでも行って飲もうと思ってたんだけど、ライブハウスでベロベロになってしまったので、そのへんでつけ麺だけ食ってホテルに戻って就寝。

逃避行2016春・行動ログその2

15 April

2日目は金沢市内をぶらぶら。友達の結婚式で金沢には来たことあったけど、コートダジュール恋するフォーチュンクッキーの踊りの練習して後は酒飲んで二日酔いになってただけで、観光的なことはほとんど何もしなかったので。

まずは兼六園。昨日のサイクリングの疲れと酒が若干残ってて、天気が良くて、ぼんやりとブラブラ。池とか川とか、水を生かした風景がとても良い。午前中だったので、水面に太陽の光がキラキラと反射していた。

さすがに兼六園ともなると人が多い。時間とともに人が増える。そして外国人が多い。

兼六園をブラブラした後は21世紀美術館現代アート。爆破した粘土とか、丸太を横に薄くスライスしてから元の通り重ね合わせたのとか、暗い部屋の斜めになった壁に黒い丸が書いてあるだけの空間とか、なかなか前衛的な展示が多くて脳に良い刺激。

ここからレンタサイクルで近江町市場へ。金沢市内のレンタサイクルは、1回あたり30分以内なら200円で1日何回でも乗り放題。市内にポートがいくつもあって、Suicaを鍵代わりに登録すると、カードをタッチするだけで乗れる。めっちゃ便利。で、近江町市場の寿司屋でランチ。新鮮で旨い。特にのどぐろの炙りが激うまだった。腹ごなしに市場をブラブラしてからまた自転車に乗って金沢駅へ。お土産を適当に見繕う。能登に行ったのでいしりを買ったり、加賀棒茶のプリン、加賀れんこんが練り込まれた羽二重餅などを購入。

金沢から普通電車で福井まで。約1時間半。金沢はめちゃくちゃ人が多かったけど、福井は人が少ない。ホテルにチェックインしてから、駅近くの居酒屋で夕食。地下にある怪しげな店。早めに入ったので空いてたけど、時間とともに地元のお客さんがいっぱい入ってきた。生姜と小ネギと甘口の出汁醤油を混ぜて食べるアジのたたきが旨い。たたきというよりブツ切り。明らかに新鮮で薬味とよく合う。あとは浅〆めのしめさば(ほとんど生)、肉厚のイワシフライがうまかった。たらふく飲み食いして4000円ぐらいで安上がり。

ホテルは大浴場があって、今日も風呂で足が伸ばせて最高。

逃避行2016春・行動ログその1

毎日の生活(というか仕事)に心底うんざりし続けていたので、2日ほど休みを取りまして、1人で北陸方面に逃避行の旅に出ました。その行動記録。

14 April

朝一の飛行機で羽田から能登空港へ。能登空港からは、ふるさとタクシーという乗合タクシーで、空港から一番近い駅、のと鉄道穴水駅まで移動。平日だし春休みのシーズンも終わってるし、乗客はワタクシ含めて2人だけ。なーんにも無い田舎の道をすいすいと、15分か20分ほどで穴水駅に到着。

ここからのと鉄道に乗って和倉温泉まで。やっぱり何にも無い田舎をゴトゴトと走る電車。ただボーっと外を眺めるワタクシ。途中で海が見えたりして、ああ、いいなあと思う。行ったことのない田舎で、こうしてぼんやり電車に乗って外を眺めていると、忙しい毎日のせいでいつもやたらと力んでいる身体から、フッと力が抜けていく。ごちゃごちゃしている頭の中が、だんだんクリアになっていく。

30分ぐらい、あっという間に和倉温泉駅。何にも無い。駅前の喫茶店「はいだるい」でちょっと早めのランチ。名物っぽい「はいだるいカレー」をオーダー。

店内は懐かしい感じの喫茶店的な趣き。新聞とかマンガとかも置いてあったりして。「はいだるいカレー」はスパイス強め。炒めたキャベツとかピーマンとかの野菜にイカやタコなど、雑な感じの具がたくさん入ったルーが、ライスの上にドチャっと乗ってる。見た目全くだが実にうまい。アイスコーヒーもうまい。

駅前から温泉の中心街までブラブラと20分ぐらい歩いて、温泉街の入口らへんにある観光協会で、スポーツタイプのレンタサイクルを借りる。半日で500円。能登島へ渡るべく、能登大橋を目指す。橋までの道のりが結構な登り坂。昔よくランドナーでサイクルツーリングしてたんで、ホイホイ行けるかと思ってたけど、さすがに10年近く前の話なので脚力衰えてます。10年を甘く見ちゃいけない。そして能登大橋は橋自体がなぜかアップダウンしているというよくわからない構造で、正直キツいけど、潮風を浴びながら橋を渡るのは本当に気持ち良い。

能登島に入ってからもアップダウンが多くてだいぶキツいんだけど、何にもなくてのんびりしてて本当に最高。途中で集落の中心みたいなとこも通ったけど、家と郵便局しかない。あとは海。潮風。漁船。島の北側にあるツインブリッジから能登半島に戻って、七尾西湾に沿って左手に海を眺め続けながら走る。

だんだん脚が動かなくなってくる。本当に体力が衰えてます。ただひたすらに何も無くて、途中につげ義春の漫画でしか見たことがないような漁村もがあった。本当にみるみる脚が動かなくなっていって、休み休み、ギアを駆使しつつ、何とか和倉温泉まで戻る。七尾西湾をぐるりと回る約30kmの道程を走破。30kmナメてた。脚パンパンでどうしようもない。

自転車を観光協会に返却。してパンパンの脚と、日常の生活で硬まった心と頭を解すべく温泉に入る。最高。温泉 is 最高。足伸ばしてダラダラして、パンパンになった太股と脹脛を揉み解す。心身が緩んでいく。湯上りに瓶のヨーグルトドリンクなんか飲んだりして、なんかもうこのまま寝てしまいたいと思うぐらいにリラックス。

路線バスで和倉温泉の駅まで戻り、ガラガラの快適な特急電車で金沢へ。ホテルにチェックインして荷物を放り出して、AZにZAZEN BOYS×OGRE YOU ASSHOLEのライブを見に行くのでした。ライブの話は気が向いたらそのうち書きます。

ライブが終わると夜10時とかで、金沢の旨いもんでも食いたいんですが、店がだいたい閉まってる。木倉町の奥の奥の方に、赤提灯がぶら下がってる良さげな店があって、まだ行けそうなので入る。金時草が食いたかったけど品切れっちゅうことで、太きゅうりの酢の物と刺し盛り。太きゅうりは臭みが少なくてあっさりしてる。刺身はとにかく分厚くて新鮮でうまい。一番うまかったのは加賀れんこん団子の揚出し。加賀れんこんをすりおろして、蟹やら何やらと混ぜて団子にして揚げて、それを出汁に浮かべたもの。あっさりした出汁に浮かんでる団子が超もちもちでめちゃくちゃうまい。〆にはご飯ものを食べようと思ったけど、時間が遅くてもう何も無いっちゅうことで治部煮をもらったら、鴨がくそ分厚くて出汁も粉でトロットロになってて、全然〆っぽくないけど超満腹で満足した金沢の夜でした。

個人的には日本酒は甘めのが好きなんですが、加賀の料理はシンプルであっさりした味付けなので、辛めのスッキリした日本酒が合うな、と思いました。